最高の無料オンラインライブラリ

泉鏡花 現代語訳集11 古狢

FORMAT: PDF EPUB MOBI
発売日: 2016年05月27日
ファイルあたりのサイズ: 9,77
ISBN: 0000000000000
言語: 日本
著者: 泉鏡花
価格:無料

ここに本があります 泉鏡花 現代語訳集11 古狢 pdf

説明:

【あらすじ】久しぶりに故郷へ戻った帰省者が、その美しい従妹の娘、お町と連れ立ち、昔よく行った蓮池を訪れる途中、北国の冬空らしく、それまで日の当たっていたそこにさっと村雨がかかった。その雨を凌ぐために入った、土間を奥深く、広々と取った、しんとして暗い、大きな蓮根問屋の縁台で、お町が七輪で焼いた慈姑を肴に麦酒を飲みながら、帰省者は、前々日に泊まった鹿落の温泉で、真夜中、厠の黒い戸の裏側の桟にうねうねと絡む、美しい白い手を見た―と話した。思わず念仏を唱えるくらいびっくりしたが、何のことはない、ただ先へ入っていた女が、人影が来たので急いで戸を閉めただけのことだ―と続いて説明すると、お町は、鹿落の旅館の、その三つ並んだ真ん中の厠は、取り壊されて今はないはずです―と言う。そして、ずッと川上の川魚料理の店の、お藻代という女中が、一夜の情事の際の事故が元となり、鹿落の温泉で亡くなった話を語り始めた。【あとがき より】本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉鏡花(1873-1939)の作品の現代語訳である。鏡花の作品世界に満ち溢れる、美妙幽玄な魅力を音に聞き、それを味わってみようと足を踏み入れたものの、特異な文体によって描き出される風景の綺羅のような輝きに目を眩まされ、道半ばで現の世に戻らざるを得なかった人はけっして少なくないだろう。訳者が目指したのは、現代の一般的読者が、大きな困難を感じることなく、内容を把握しながら読み通すことのできる文章に仕上げることであった…

...電子書籍を簡単に利用 ... 泉鏡花 現代語訳集16 卵塔場の天女 泉鏡花 白水銀雪 試し読み 購入する 枕草子への招待 田中澄江 試し読み 購入する ふあゆ 今慈ムジナ しづ 試し読み 購入する 泣かない女はいない 長嶋有 試し読み 購入する もしもあなたが、あと1年 ... 発心(ほっしん)の意味 - goo国語辞書 ... ... 泉鏡花の小説「歌行燈」の現代語訳。 【あらすじ】 霜月十一月の月の冴えた夜、二人の老人が桑名の駅に降り立ち、宿屋へ向かう人力車の上から、博多節を唄って流す門付けらしい男の姿を目にする。 その男はうどん屋の暖簾をくぐり、そこで酒をあおりながら何… 泉鏡花集成 8 「絵本の春」「木の子説法」「半島一奇抄」ほか 泉 鏡花 著 種村 季弘 編集 「絵本の春」「木の子説法」「半島一奇抄」「卵塔場の天女」「ピストルの使い方」「河伯令嬢」「古狢」「貝の穴に河童の居る事」他5篇。 泉鏡花 現代語訳集3 天守物語 電子書籍版 220 円(税込) 試し読み 購入はこちら 220 円(税込) 泉鏡花 現代語訳集4 春昼・春昼後刻 電子書籍版 275 円(税込) 試し読み 購入はこちら 275 円(税込) 泉鏡花 現代語訳集5 義血侠 ... 明治・大正・昭和にわたり、幻想的・耽美的な独特の文体で怪奇・人情・観念・浪漫など、さまざまな作風の小説・戯曲を残した作家・泉鏡花(いずみきょうか)。 そんな泉鏡花の珠玉の名作を随時現代語訳してご紹介していきたいと思っています。 楽天Kobo ... 泉鏡花 現代語訳集11 古狢(泉鏡花) : BCCKS Distribution ... ... ... 明治・大正・昭和にわたり、幻想的・耽美的な独特の文体で怪奇・人情・観念・浪漫など、さまざまな作風の小説・戯曲を残した作家・泉鏡花(いずみきょうか)。 そんな泉鏡花の珠玉の名作を随時現代語訳してご紹介していきたいと思っています。 楽天Koboで泉鏡花の "泉鏡花 現代語訳集 別巻8 凱旋祭・妖術、他5編"をお読みいただけます。 泉鏡花の短編作品の現代語訳。 【収録作】 凱旋祭・弥次行・一景話題・くさびら・妖術・海の使者・金時計、以上7編 【あとがき より】 本書は、明治後期から昭和の初めにかけて活躍した作家、泉 ... 底本:「泉鏡花集成3」ちくま文庫、筑摩書房 1996(平成8)年1月24日第1刷発行 底本の親本:「鏡花全集 第三卷」岩波書店 1941(昭和16)年12月 初出:「文芸倶楽部」 1896(明治29)年11月 入力:日根 発心(ほっしん)とは。意味や解説、類語。[名](スル)1 仏語。悟りを得ようとする心を起こすこと。菩提心 (ぼだいしん) を起こすこと。仏門に入ること。発菩提心。発起。発意。2 物事を始めようと思い立つこと。...