最高の無料オンラインライブラリ

「アボジ」を踏む 【小田実全集】

FORMAT: PDF EPUB MOBI
発売日: 2013年03月29日
ファイルあたりのサイズ: 6,23
ISBN: 0000000000000
言語: 日本
著者: 小田実
価格:無料

最高の 「アボジ」を踏む 【小田実全集】 pdf, ここにあります

説明:

震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。「アボジ」の済州島での野辺の送りは万葉集やホメロスの時代の葬送を彷彿とさせる。太平洋戦争やナチの強制収容所、大震災で無念のうちに死んでいった人の記憶を刻む『「三千軍兵」の墓』の他、1957年、63年、74年、80年、87年に書かれた五つを含む計七篇の短篇。人間がそれぞれの時代に遭遇する戦争、国境、漂泊、死を見つめた「短篇全体小説集」。

...要評論を電子書籍とオンデマンドで刊行! このコーナーでは自筆原稿や創作ノート、写真など貴重な資料を公開しています。 Pontaポイント使えます! | 小田実全集 小説 小田実短篇集 33 「アボジ」を踏む | 小田実 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784835445205 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! 復刊ドットコムにて『小田実全集小説33 「アボジ」を踏む』(小田実)を販売しています。 書名 小田実全集 著作者等 小田 実 書名ヨミ オダ マコト ゼンシュウ 書名別名 「アボジ」を踏む : 小田実短篇集 巻冊次 小説第33巻 出版元 講談社 : 復刊ドットコム 刊行年月 2013 ... ‎Apple Booksで小田実を読む ... .3 ページ数 213p 大きさ 21cm ISBN 978-4-8354-4520-5 NCID 「アボジ」を踏む 講談社 1998.3 のち文芸文庫 玉砕 新潮社 1998.5 さかさ吊りの穴 「世界」十二篇 講談社 1999.6 『小田実評論撰』1、筑摩書房、2000年10月1日。ISBN 9784480704412。 『小田実評論撰』2、筑摩書房、2001年3 震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。 小田実全集 小説 『「アボジ」を踏む 小田実短篇集』 2013年3月刊行 2,700円(税別) ご購入サイト 「アボジ」を踏む 【小田実全集】の詳細。震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる ... 小田実全集 小説〈33〉「アボジ」を踏む―小田実短篇集 | 小田 ... ... .3 ページ数 213p 大きさ 21cm ISBN 978-4-8354-4520-5 NCID 「アボジ」を踏む 講談社 1998.3 のち文芸文庫 玉砕 新潮社 1998.5 さかさ吊りの穴 「世界」十二篇 講談社 1999.6 『小田実評論撰』1、筑摩書房、2000年10月1日。ISBN 9784480704412。 『小田実評論撰』2、筑摩書房、2001年3 震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。 小田実全集 小説 『「アボジ」を踏む 小田実短篇集』 2013年3月刊行 2,700円(税別) ご購入サイト 「アボジ」を踏む 【小田実全集】の詳細。震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。「アボジ」の済州島での野辺の送りは万葉集やホメロスの時代の葬送を彷彿とさせる。 震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。「アボジ」の済州島での野辺の送りは万葉集やホメロスの時代の葬送を彷彿とさせる。太平洋戦争やナチの強制収容所、大震災で無念のうちに死んでいっ ... 「アボジ」を踏む 【小田実全集 】 小田実 ¥880 ¥880 発行者による作品情報 震災後に書いた「ぼくは生まで帰る」から始まる表題作は、三十年に一度と言われる名作として川端康成文学賞の審査員たちをうならせた。「アボジ」の ... 【電子書籍を読むならBOOK WALKER(ブックウォーカー)試し読み無料!】震災後に書...