最高の無料オンラインライブラリ

この本を盗む者は【電子特典付き】

FORMAT: PDF EPUB MOBI
発売日: 2020年10月08日
ファイルあたりのサイズ: 12,4
ISBN: 0000000000000
言語: 日本
著者: 深緑野分
価格:無料

読書を楽しむ この本を盗む者は【電子特典付き】 深緑野分 epub 無料の本

説明:

「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」 書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬は残されたメッセージを目にする。 “この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる” 本の呪いが発動し、街は侵食されるように物語の世界に姿を変えていく。泥棒を捕まえない限り世界が元に戻らないと知った深冬は、探偵が銃を手に陰謀に挑む話や、銀色の巨大な獣を巡る話など、様々な本の世界を冒険していく。やがて彼女自身にも変化が訪れて――。「呪われて、読む。そして書く――私たちは!」 森見登美彦氏 推薦!※電子書籍版には特典として、カバーイラストコンペ応募作品のイラストギャラリーを収録しています。

...に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れてい ... この本を盗む者は | 明日こそスキップ ... ... この本を盗む者は【電子特典付き】 1,650円 紙書籍 この本を盗む者は 1,650円 楽天Kobo電子書籍ストアについて この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります (1件) ※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は ... この本を盗む者は【電子特典付き】[深緑野分-KADOKAWA]を読むならドコモのdブック。人気のコミック、小説、実用書など電子書籍はドコモのdブック【公式サイ ... 電子書籍トップ・話題の本 - 紀伊國屋書店ウェブストア ... ... ... この本を盗む者は【電子特典付き】[深緑野分-KADOKAWA]を読むならドコモのdブック。人気のコミック、小説、実用書など電子書籍はドコモのdブック【公式サイト】。3キャリア対応、無料の試し読みも豊富です。多彩なジャンルの電子書籍を簡単に利用できるdブック! この本を盗む者は【電子特典付き】|「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」 書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、深冬は本が好きではない。ある日、御倉館から蔵書が盗まれ、父の代わりに館を訪れていた深冬 ... この本を盗む者は【電子特典付き】 深緑野分 / 角川書店単行本 本好きが逸脱して街もろとも呪いの渦中に巻き込むという、狂気めいた設定が好み。 本が盗まれたことで発動するブック・カーストにより、女の子2人が物語世界を横断して本泥棒を捕まえるファンタジックな世界観。 この本を盗む者は【電子特典付き】(KADOKAWA) [電子書籍]の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日 ... この本を盗む者は【電子特典付き】:電子書籍のネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。 この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本)(Kindle) 深緑 野分 twitter facebook 本の詳細 登録数 17 登録 ページ数 0 ページ 書店で詳細を見る 感想・レビュー 0 全て表示 ネタバレ データの取得中にエラーが発生しました 新着 ... この本を盗む者は【電子特典付き】 初めての方へ ひかりTVブックとは ご利用方法 Step.1 WebIDの作成 Step.2 アプリダウンロード Step.3 無料作品&試し 読み作品を読む Step.4 作品を購入する Step.5 購入作品を読む 購入した作品を見 ... この本を盗む者は【電子特典付き】の電子書籍、深緑野分の本の情報。未来屋書店が運営する電子書籍サービスmibonでこの本を盗む者は【電子特典付き】を購入すれば、ポイントが貯まります。mibon 電子書籍では小説・文学の電子書籍 新刊・既刊や雑誌など約40万冊の本が購入できます。 『この本を盗む者は』(深緑野分) のみんなのレビュー・感想ページです(108レビュー)。作品紹介・あらすじ:「ああ、読まなければよかった! これだから本は嫌いなのに!」書物の蒐集家を曾祖父に持つ高校生の深冬。父は巨大 ... 『この本を盗む者は』 深緑野分 著 KADOKAWA 発売日 2020年10月8日 特設サイト 感想 本を盗む者があらわれると、不思議な世界に街ごと閉じ込められるという、ブック・カース(本の呪い)の冒険ファンタジー。 全体的にとても映像 ... この本を盗む者は【電子特典付き】 (角川書店単行本)Amazon(アマゾン)1,551円 書物の蒐集家を曽祖父に持つ高校生の深冬父は巨大な書庫「御倉館」の…...