最高の無料オンラインライブラリ

我が心の底の光

FORMAT: PDF EPUB MOBI
発売日: 2018年04月14日
ファイルあたりのサイズ: 4,37
ISBN: 0000000000000
言語: 日本
著者: 貫井徳郎
価格:無料

全て 貫井徳郎 あなたが読んで私たちからダウンロードした本

説明:

母は死に、父は人殺し、そんな峰岸晄は暗い少年時代を送っていた。孤独の闇の中で、晄が向かう先は――。八〇年代のこの国に生を享けながら、豊かさとは無縁に飢えて育ち、感情を殺して生きる晄の、心の底に差す光は何なのか? 全編を覆う「無温の世界」。身を震わせるラストの衝撃! 胸を撃ち抜く傑作長編!

... 貫井 徳郎 twitter facebook 本の詳細 登録数 1960 登録 ページ数 296 ページ 書店で詳細を見る 感想・レビュー 131 全て表示 ネタバレ データの取得中にエラーが発生しました 感想・レビューがありません 新着 参加予定 ... 我が心の底の光 双葉文庫 : 貫井徳郎 | HMV&BOOKS online ... ... ... 貫井徳郎『我が心の底の光』双葉文庫。 悲惨な幼少期を過ごした主人公・晄の復讐の物語。余りにもスムーズに進む復讐劇と呆気ない幕切れのギャップに評価は半減。 前半の展開から、もっと深い重い作品かと思ったのだが… 貫井徳郎の小説はたいてい一気読みしてる。それだけ夢中にさせる推進力がある小説が多いんだけど、今回の『我が心の底の光』も一気読みさせられた。悲惨な少年期を過ごした主人公の14~29歳を描いたミステリーだけど、衝撃のホワイダニットには絶句。 貫井徳郎さんの『我が心の底の光』…両親からの愛を受けることのなかった少年の心の底に差す光とは? これはもう重たくて、重たくて、本当に重りが乗ってくるような読後でありました。貫井さんの作品ですし、この表紙からも ... 「我が心の底の光」 暗い重い。 これは峰岸晄の暗く重いストーリーである。父と母がどうしようもない。唯一の救いは、どうしようもない父の気まぐれが結果的に晄を死から救いだしたことだ。晄は、母の育児 ... 我が心の底の光 (双葉文庫) | 貫井徳郎 | 日本の小説・文芸 ... ... ... 「我が心の底の光」 暗い重い。 これは峰岸晄の暗く重いストーリーである。父と母がどうしようもない。唯一の救いは、どうしようもない父の気まぐれが結果的に晄を死から救いだしたことだ。晄は、母の育児放棄により、唯一の友達であった 我が心の底の光 (双葉文庫) 貫井徳郎 5つ星のうち4.1 65 Kindle版 ¥567 6pt (1%) 幻夏 (角川文庫) 太田 愛 5つ星のうち4.3 486 Kindle版 ¥610 6pt (1%) Next page 商品の説明 内容(「BOOK」データベースより) 八〇年代のこの国に ... 【試し読み無料】母は死に、父は人殺し、そんな峰岸晄は暗い少年時代を送っていた。孤独の闇の中で、晄が向かう先は――。八〇年代のこの国に生を享けながら、豊かさとは無縁に飢えて育ち、感情を殺して生きる晄の、心の底に差す光は何なのか? 『我が心の底の光』貫井徳郎著 Tweet Tweet PR 暗く、重い日々が延々と続く。貧乏、孤独、いじめ、不公平…自分を取り巻く過酷な状況を淡々と ... 我が心の底の光 貫井徳郎/著 Tweet 通算 12 読みたい! 読みたい 読んだ もっと もっと探す +もっと の図書館をまとめて探す 図書館を検...